くろちゃまめ

ドリップバッグ 研究会公式

本日もひきつづき、改修中です

インスタを始めたと言っても、インスタ映えする綺麗な写真をバンバン取れるかというと、そういうネタは乏しいので、とりあえず、こちらへ。実は焙煎機の改修中にハウジング部分をいじっていたところ、あらら、やっぱりステンのプレス品というのは、加工のベースに向かないんですよね。予想以上に、歪んでしまって修正不可能に、それまでのやり方をすべて一からやり直して、いったんすべて作り直すことになりました。

新たにちょこっと吸気ファンを取り付けて、直火式の熱風らしく、排気と連動させる計画です。バーナーの炎に影響しないようにするのは難しいので、どこまでできるかわかりませんが、冷たい外気が入り込みにくくするのが主な目的です。また排気については理想の形には程遠いのですが、今回は少しだけ配置を見直してみます。今回は気密性を高めることが主目的なので、ダンパーはつけないかもしれません。

今回の改修の肝はほぼ完全にバイパスを塞ぐことで、バーナーから吹き上げる熱風が豆に直接あたり、温度が下がった空気がそのまま排出されるようにすることです。(これ、いうのは簡単でも実際は難しいですが、今できる範囲で挑戦してみます)

それと今までサーキュレータで冷却していたものを吸気ファンを使って冷却する仕様とします。これによってチャフが散乱するのを抑制できます。

ついでにひょっとしたら、ドラムの回転数も可変式になるかもしれません。ここは大した手間もかからないので、いつでもできると思って放置していた部分ですが、ある程度変化をつけられた方が特に焙煎量が変化した時には有効だろうと考えています。