くろちゃまめ

ドリップバッグ 研究会公式

コーヒーにあうチョコレートとは 〜チロル編

f:id:Kurotyamame:20190323165733j:plain

あまりみなれないかもしれませんが、復刻版の小サイズ版


現在、コーヒーにあうチョコレートを探しています。といっても、本場ベルギーとか、おフランスの高級なものを求めているわけではありません。

そういうのは、チョコレートが主役の世界だと思うので、コーヒーが脇役になるのはちょっと本末転倒というか、もっと身近なものでいいと思うのです。

で、チロルチョコーレート 3種+1を試して見ました。

1つは今、チロルチョコレートして売られているもの。コーヒー味のヌガーというのが真ん中に入っています。

2つめはガトーショコラというので、本場ベルギーのチョコレートが使ってあるというのが売りです。

 3つめはクッキークランチの入ったバニラチョコクランチというものです。

普通のチロルは味のバランスはまとまっていて、甘さの加減もいいのですが、コーヒーの味がちょっと余計です。単体で食べるならいいとしても、コーヒーのあてとしては、ほとんど失格レベル

ガトーショコラは確かに高級感のある今流行りのビターチョコの風味があって、チロルらしくないチョコ。チロルとしては高価で、なおかつ値段相応以上に美味しいとは思いますが、もっとコーヒーを引き立てる立場でいてほしいものが、あまりに主張するので、ちょっと全体にくどい印象になりがち。これはすぐに飽きてしまう選択です。

3つめのバニラチョコは面白いとは思いました。ちょっとキットカットなどにも通じる感じがまた、新しいチロルの魅力を引き出している感じがします。ただし、3つの中ではもっとも甘く、最近の甘いものを食べ飽きた子供にも、ちょっとくどいと思われかねない味です。

お腹が空いているときに、1個ならいいけど、ちょっとねという感じがしないでもありません。

結局、チロルの中では、初期のオリジナルバージョンが一番、あっさりコーヒーと一緒に口の中で溶け出す感じと、少しだけ、ミルクヌガーがアクセントとなって、後味と一緒に残る感じで、一番しっくりくる印象でした。それも、オリジナルのサイズの細長いやつでなくて、1センチ角くらいの小さなやつが意外にバランスがいいのです。

一部の限られた店舗でしか扱いはないかもしれませんが、これまでのところ、結構いいと思います。あくまでもチロルの中での話ですけどね。

あの、ミルクヌガーで歯の詰め物がとれそうになるような、ねばり付く感じが気になる人もいるかもしれませんし、あれはチョコレートじゃないよ、という方もいらっしゃるかもしれません。

ミルクや砂糖の代わりに口の中に放り込むには、そこそこいいかなという程度ですが