くろちゃまめ

ドリップバッグ 研究会公式

セブンカフェ 八幡周辺2店舗の感想をば

セブンイレブン  くろちゃまめ くろちゃまめ本舗 kurochamame kurotyamame 珈琲 コーヒー coffee 焙煎 ドリップバッグ 

いつものセブン ずいぶん静かになりました

ドライブの途中で体内電池が切れそうになって、利用するのはいつも決まってセブンイレブン。別に他のコンビニと比べて特別いいと思っているわけではないんですが、一つに絞っていれば、その地域の水質をはかるバロメーターになるからです。何よりブレが少ないのがメリット。

八幡東区のある店舗の場合

最初の一口はいつものセブンより、焦げ臭い感じがし、ほとんど酸味に近い味は感じず、あれっとおもったのですが、少し経って飲んでみると、これが意外や意外、コンビニコーヒーではなかなか味わえないベリー感が満載、甘みもしっかり感じられます。

このベリー感はスペシャリティクラスの豆を扱う専門店等でもなかなか味わえないもの。

たまたまこの地域の水とあったのかもしれませんが大したもんです。豆の力を感じます。実際、セブンの使っている豆はコンビニ各社の中でも、相当上の方(たぶんトップ)と感じます。冷めた後飲み比べて他社に比べて雑味が少ないと感じることが多いです。三井物産+丸紅の力でしょうか。焙煎は西日本はUCCらしいです。

カップの最後の最後はちょっとコンビニ珈琲らしくないスモーキーな感じ。ここいらは地域の水との相性かなあ? 不思議です

 

八幡西区のある店舗の場合

なんだか、今回、出てくるお湯の量が少なかったんですよね。そのせいか、最初からかなりスモーキー。全体に東区の味をダウングレードした感じですが、ほとんど甘みは感じられず、ベリー感は皆無。水道の水源が同じかでどうかまではわかりませんが、傾向は少し似ています。ただし、マシンの調子が良ければきっともっといいでしょう。

しかし、話は変わりますが、まさかのまさか、アイス用の豆とホット用の豆を間違えたりしないんでしょうか?

光の加減か、時折、両方の区別がほとんどつかない状態の店があったりして、首をかしげながら、淹れてます。

それと、よく考えたら、最終候補地は不動産屋で飲んだ水で判断してOKにしてしまったけど、実際に現地で珈琲を立てて見て判断すべきだったかも。明日検証して見ます